助けて

前回からの続きです。

通勤途中に、急に歩けなくなりました。
一歩も動けません。

『ど、どうすればいいんだ、これは』

考える


この症状は今までにはありません。

たしかに、すこし足の右側が痛いことはありましたが、歩けなくなることはありませんでした。


ちょと、未経験な症状だったので、軽いパニック状態です。


『とりあえず、しゃがんでみよう』
なんとか、その場でしゃがむ事は出来ました。

しゃがむ

『よ、よかった、しゃがめて』

しかし、いろんな人が通勤する道なので、かなり注目を浴びてます。

 

そんな中、『大丈夫ですか?』と声をかけてくださる優しい方もいらっしゃいました。


ただ、ちょっと、私自身、頭の中がこの状況が整理できていなくて、どうしていいかももわからなかったので、

すごく、嬉しかったのですが、『ありがとうございます、大丈夫です』とお返事しました。


(世の中、優しい人っているんですね。あの時声かけてくれた方、ありがとうございました!)

ありがとう

そんなこんなで、10分ぐらいしゃがんでいたら、痛みがひいてきました。


『よし、痛みも落ち着いてきたし、歩いてみるか!』
ゆっくり立って、恐る恐る歩いてみたら、

『い、痛い!』
すぐに激痛が走ります。

2,3歩歩いてこの状態です。
また、その場でしゃがみます。

『これは、やばい!!!なんか、やばい気がする』

これは、いつものギックリ腰の症状ではありません。

ギックリ腰は、なんか腰に力が入らないような感じで動けないのですが、今回は、激痛で動けない感じです。

このまま、歩けないと、家にも帰れません。


『また、救急車・・・・』

いや、でも、今回は近くに知り合いがいません。(ここは、通勤途中の、歩道です)
なので、通りすがりの人に呼んでもらうか?自分で電話するか?の二択です。

選択

『さっき、声かけていただいた人に救急車呼んでもらえばよかったかな?』

『いや、また、救急車を呼ぶと救急の人に迷惑になる』

『もし、ここで、救急車が来たら、今以上に大注目になってしまう・・』

『いやいや、この症状歩けないし、けっこう緊急事態じゃないかな!』

『俺、このまま一生歩けなくなるのか』

こんなことをしゃがんだ状態で、グルグル考えていたら、なんとか、痛みがおさまってきました。

『やった!よし、とりあえず、歩くぞ!』

今度は、さっきよりゆっくり歩いてみました、
一歩、二歩、三歩・・・・・六歩

『い、痛い!』
すぐに激痛が走ります。

また、しゃがみます。

でも、さっきより歩けました。
『と、とりあず、これを繰り返してみよう』


また、10分ぐらいしゃがんで痛みが引いたら歩いてみました。
今度は、12,3歩、歩けました。

だんだん、歩ける歩数が増えてきました。
時間も10分連続で歩けるようになりました。
ただ、5分以上しゃがまないと痛みは回復しません。

この繰り返しをして、ヒーコラヒーコラ、言いながら、少しづつ歩いて、
なんとか家に到着しました。

『とりあず、よかった。家に着いて。本当によかった・・』

家に帰る

今の腰痛の症状です

現状を整理すると
・10分は歩ける
・その後、右の腰から足首ぐらいまで激痛
・5分ぐらいしゃがむと痛みが回復
以降、この繰り返しです。

この痛みは、足がつる時と似ている感じで、その痛みの5倍ぐらいです。

まずは、会社に連絡し休みをもらい、

最寄りの整形外科が開くのを待って、
病院へ駆け込みました。(もちろん、タクシー!)


この病院は今まで行ったことがないですが、
緊急事態なのでここに行くしかありません!(一番自宅から近いので)

緊急事態

診察室に通されて、先生とご対面。 開口一番、

私 :先生、歩けません!!


先生:????

続きは次回で

おすすめの記事