コルセット

腰痛持ちの人は、コルセットを使っている人も多いですよね。


でも、コルセットっていろんな種類があります。


これから買おうとする人は、ちょっと今回の記事を参考にしていただければと思います。

腰痛の時、なぜコルセットをつけるのか?

私がコルセットを使う一番の理由は、腰への負担が軽くなるからです。

軽くなる

皆さんも普段はあまり意識していないと思いますが、この腰回りの筋肉は結構使っているんすよね。


ですが、腰痛の時は、この腰回りが弱っているので、普段の動きでも、腰に負担がかかってしまうんです。

そんなとき、コルセットを使うと、腰回りの筋肉の補助をしてくれるので結構腰が楽なんです。

ですので、結構腰に負担のある行動をした後、腰が辛い時は、無理をせず、コルセットをするとそれ以上悪化しないことが多かったです。

特に、ギックリ腰が慢性化していた頃は、『あれ、ちょっと腰がおかしいぞ』って時に、数日間コルセットを使って、ギックリ腰の予防になってました。

コルセットの使い方で、腰の締め付け具合が重要です

市販されているコルセットを使う時は、まずは、説明書を読んで正しく使用していただきたいのですが、どれぐらい、腰を締め付ければ良いのか迷う時があります。

このへんのアンバイが難しいのですが、私の長年の使用した結論は、『お腹が、苦しくない程度で装着する』です。

『なんじゃそりゃ』って思うかもしれませんが、本当にそうなんです。

無理して、きつく装着しても、普段生活するだけで疲れますし、逆に緩すぎると、腰をサポートとしている感覚が薄く感じてしまうのです。

ちなみに、私が普段使用しているのは、これです。値段も2000円以下でお手頃です。

使い方としては、矢印の部分がゴムになっているので、ここで腰の締め付け具合を調整する使い方となります。

コルセット

コルセットを買う時の注意点!!(私は二度失敗してます。)

この注意点は結構重要です。
私は二度失敗して、お金を無駄にしました。(涙)

1番目の注意点


サイズです。コルセットってサイズがあるんです。LとかMとか。

『サイズなんて大体で大丈夫でしょ』って適当に選んだら、実際に装着したら、実際の腹囲の方が大きくて、装着できなかった苦い思い出があります。


(つまり、私が思っていた以上にデブだったと言うことです・・・)

ですので、必ず、面倒がらずに、現在の腹囲を図って購入してください

サイズを測る


2番目の注意点


色です。

これは、特に、男性の場合なのですが、一見すると黒がかっこいいと思うじゃないですか?


でも、黒をつけて、スーツを着る場合、白いシャツから透けて見えてカッコ悪いんです。


これは盲点でした。

なので、コルセットは、白や肌色のほうがいいんです。

白

まー、黒い服ばかり着てる人は関係ないですが・・・

手術後で使用するコルセットは市販品と何が違うのか?

まずは、私が手術後に使用したコルセットはこれです。

手術用コルセット


先ほどの市販品とは結構違いますよね。


これは、手術前に専門の人が病院に来て、私のサイズを細かく測って作った特注品なんです。

使い方としては、真ん中の紐で結んでいるところは特に触らず、矢印の部分がマジックテープになっていて、これを腰に回して装着する形です。

ですので、市販品はゴムで多少フレキシブルな面がありましたが、この特注品はゴムは使用されておらず、まさにぴったりがっちりといった感じです。

実際に装着してる姿はこれですね。

コルセット

ちなみに、このコルセットは数万します。
『高っーーー!』

あっ、でも、これはお医者さん指示のコルセットなので、コルセット代の何割かは給付されます。
これも高額療養費制度と同じく、勤め先の健康保険組合に確認してみてください。

高額療養制度については、ここを参考にしてください。

番外編としてこのコルセットのご紹介です。

筋トレ用


これは、医療用ではなくて筋トレ用です。


私は自宅スクワットで使用してました。


鍛える時のみに、装着すれば良いので、色はかっこいい黒です(笑)

今回のまとめ

  • 腰痛が辛い時は、無理せずコルセットを上手に使いましょう。
  • 購入するときは、サイズと色を注意してください。
  • 手術後に使用するコルセットは、市販品とはかなり違います
  • 手術後使用するコルセットはお得な給付制度があります。
  • 筋トレ時はかっこいいコルセットを使いましょう(笑)

筋トレ

おすすめの記事