涙

月日は流れ、あれ(入院)以来の7年後、30代!


調子が良いいため、体を動かしたい衝動が出て来ました。
でも、ジムはトラウマとなってたため、
今度は、テニスを始めることにしました。

テニス 腰痛


理由は、

モテそうだから


すみません。こんな私で。
30代にもなって、この考え方・・・


ただ、思ったら、即行動!
速攻で、ラケットなど購入し、テニスやってそうな人を探し、
早速始めて見ました。


まー、動機は不純でしたが、
やってみると、かなり面白くて、
結局モテませんでしたが、ハマってしまいました。
あの、ラケットの網の中のいい感じのところでボールを打つと
気持ちいんです。
パコーーンって感じで。

テニス 気持ちいい

で、一応ラリーぐらいはできるようになった頃、
テニスの聖地!?、軽井沢に泊まりでいきました。
そして、友達とラリー中に、
おもいっきり、バックハンドでボールを打ったら、


ギクッ


やってしまいました。二回目のギックリ腰。
1回目のギックリ腰と同じ感じです。

ギックリ腰 倒れる

とりあえず、その場から起き上がり、
ヨチヨチ歩きながら
なんとかベンチに座りました。
(今回は気絶しなかったよ)

友達:大丈夫?
私 :ちょっとこのまま様子をみるよ。


しばらくして・・・


友達:大丈夫??
私 :無理かもしれない。まったく動けない。
友達:もしかして、救急車?

この時、前回の救急車を呼んだ時を思い出しました。、
また、ギックリ腰で救急車を呼ぶと、救急の人にご迷惑をおかけするかもしれない。
でも、まったく動けないし、ここ、軽井沢だし、どうしたらいいかわかんないし・・・

とか、ごにょごにょ友達に言ってたら、
さっさと救急車を呼んでくれました。
(すみません、救急の方達・・・)

結局、救急車で運ばれ、その日は入院しました。

入院
今回は、バタバタすることもなく、すんなり、受け入れ病院も決まりました。
入院も2回目、しかも同じ症状なので、慣れたもんです。


次の日は、みんなも帰る日でした。
このまま軽井沢で入院するのか、一緒に帰るのか?の決断です。

ここで、前回とちょっと腰痛の症状が違ってたのは、
一日安静にしたら、少し動けるようになったという事です。
というわけで、無理矢理退院して、自宅にみんなと一緒に、帰りました。
(この時に一緒にいた友達は本当に親切にしてくれました。
 今でも、とっても感謝してます。ありがとう、みんな。)

感謝

前回は二週間自宅療養が必要でしたが、今回は一週間自宅療養して、会社に復帰できました。
不思議なのですが、一回目のときよりも回復が早かったのです。
慣れってあるのですかね??

その後、さすがにギックリ腰二回目でしたので、
わざわざ大学病院に行って、きっちり診てもらいました。
その結果は・・・・・・・・

たんなる腰痛です。だって!

単なる腰痛だって

とりあえず、安静にして、姿勢を良くしろと言われました。
とりあえず、テニスは辞めました。
いわゆるトラウマっていうやつです。
また、ギックリ腰になるのいやですから。


これ以来、ギックリ腰が癖になったのか、
1~2年に一回はギックリ腰になりました。
(救急車や、入院はなかったです。)


顔を洗ってたら、ギックリ腰
落とし物を拾おうとして、ギックリ腰
くしゃみをして、ギックリ腰

だんだん腰痛も慢性化していきました。


そんな時、
わが弟から、連絡がありました。

電話


最近、腰痛が辛いと話をしていたら、
なんと弟も腰痛で苦しんでいたとのこと。


そして、最近まで立てなくなるぐらいひどかった腰痛が
ある病院で手術をしたら回復したらしいのです。
おーーー、まじかー!!

嬉しい

弟が腰痛だったのは知らなかったのですが、
弟は、その病院に行くとき新幹線で行き、
しかも、腰が激痛だったので、座席に座ることもできず、
新幹線の車両と車両の間でうずくまって、なんとか耐えながら行ったそうです。
私より重症です。

寝る


俺もそこに行くしかない!

だって、同じ血が流れてる弟が治ったのなら、俺も治る可能性高いでしょ!!


さっそく、病院に予約電話!即行動!
(この時、40才)


続きは、次回で。

おすすめの記事