これから、私の最初の腰痛のキッカケから現在の状況まで、何回かに分けてお伝えしていきます。


もし、皆さんの腰痛の症状や状況に似ている場面があれば、
少しは何かの参考になるかもしれません。
それでは、スタートします。

腰痛の最初の原因は、筋トレ??

26歳。ちょうど社会人として会社にも慣れてきた頃でした。
そのころ、体を鍛えようとジムに通い始めてました。


ガンガン鍛えて、ムキムキになってやるーーって感じで、
週2〜3回のペースで会社の同僚と通ってました。
トレーニングの仕方は、適当で、とりあえず、上半身ムキムキのシックスパットを目指してました。


当時の理想形は、こんな感じ。

そして、鍛え方は、腹筋100回、背筋10回っていう、まったくのバランス無視なトレーニングです。


そんな適当なトレーニングでしたが、それでも、だんだん良い体になってきて、鏡を見ながら、自分の体に満足してた頃、奴は突然やってきました。

奴は突然やってきた・・・
ある日会社で、中腰でマウスを操作していたら、いきなり、腰が、ギクッ

そうです。奴です。ギックリ腰さんです。
奴とは初めてのご対面です。
今でも、この時のことはよく覚えてます。
それだけ、衝撃的でした。いろんな意味で。

状況的には、
・一歩も動けない。
・力が入らない。
・でも、どうにかしたい
こんな感じでした。

『やばい。腰が固まって動けない!とっ、とりあえず、イスに座りたい!』

かなり、無理をしながら中腰のまま、そばにあったイスをなんとかたぐり寄せ、やっとのことで席に座りました。
座ったその瞬間フワッ気を失ってしまいました。

気絶


そして、目を覚ましたら、なんと、同僚や上司から囲まれてます。
すぐには状況が掴めなかったのですが、
どうやら、イスから転げ落ちて、床で倒れたみたいです。

上司:どうした?しばらく気を失ってたみたいだぞ、大丈夫か!!
私 :急に腰が・・。ウッウッ。


上司:腰!?とりあえず、動けるか???
私 :ウッウッ、まったく、動ける気がしません
   とにかく、腰に力がはいりません。


上司:どうする?救急車呼ぶか?
私 :はい・・・すみません・・・

人生初の救急車です。
会社は都内でしたので、速攻で救急車は到着しました。

救急隊員:ギックリ腰って聞いてますが、症状は合ってますか?
私   :初めてなので断言はできませんが、そうだと思います。


救急隊員:本当に歩けませんか?
私   :はい。力が入らなくて。


救急隊員:・・・なるほど。わかりました。ではタンカを持ってきますので、少しだけお待ちください。

救急車

この時、救急隊員とのやりとりから
『もしかして、ギックリ腰で救急車を呼ぶ人は珍しいのでは?』
『もしかして、ものすごく救急隊員にご迷惑をおかけしてるのでは?』
と思い、かなり、自己嫌悪になったのを覚えてます。


けど、今更どうしようもないので、そのまま続行です


その後、担架で運ばれ初めて救急車に乗車したのですが、なぜかすぐに走りません。


私は、腰に力が入らなくて動けないだけで、意識はしっかりしています。
救急隊員の、どこかの病院との話のやり取りが聞こえてきました。

救急隊員:ギックリ腰患者ですが、受け入れ大丈夫ですか?
病院  :(拒否的な発言)
救急隊員:ギックリ腰患者ですが、受け入れ大丈夫ですか?
病院  :(拒否的な発言)

こんなやりとりを、ずいぶんされてました。
何件もいろんな病院に連絡してる感じです。


ギックリ腰の患者は病院にとっては迷惑な患者なのか?たまたまなのか真相はわかりませんが、そんなこんなで、20分後にやっと受け入れ先の病院が見つかり、診察の結果、その場で入院となりました。


人生初の入院決定です。

入院


入院生活については、また次回で。

おすすめの記事