感動の再会

前回からの続きです。

セカンドオピニオンを受けてきました。

次の日早速、ご紹介いただいた病院に行きました
まずは、先生とご対面です。

ご対面です

先生:話は聞いてますよ。腰痛ヘルニアですよね


私:そうなんです。他の病院で診ていただいて、
  今は歩くのが厳しい状況なので、
  手術したいとお願いしました。


先生:なるほど。


私:それで、紹介していただいた病院に行ったのですが、何か合わない感じがしてやめたのです。


先生:そういったことありますよね。

  では、まずは、診察してみましょう

       その後、MRI撮りましょう


このような感じで、
この先生はとても親切かつ親身でした

腰痛の先生

そして、MRI撮影後、再度診察です

先生:お疲れ様でした。


私 :はい


先生:MRI診ましたが、たしかに大きいヘルニアですね。


私 :そうなんです。


先生:ただ、これが原因で腰が痛いのかは
   断言ができないんですよね。

   なぜなら、
   この状態の人でも痛くない人もいます


私 :それだと、中々、判断が難しいですね。


先生:とは言っても、今の症状を考えると、
    私は手術をお勧めしますね。


私 :わかりました! 
   後は手術する病院は自分で探してみます。
   診察本当にありがとうございました!!

というわけで、
とっても親身に診察してくれました。


やはり、社長さんに直接紹介いただいたのは大きいと思いました。

これで、手術への気持ちは再度固まりました。

本当に、社長さんとこのお医者さんに感謝です!

ありがとう

家に帰ってから、社長さんには今回の内容をメールで報告しました。

そこで、返信が来た内容は以下の内容でした。

社長さんからのメールの内容とは?


以下メール本文

ここまで腰を患っているチェリーさんは、
今後、私同様、周囲に腰痛で悩みを相談される人が増えると思います。


その際には、ぜひ相談に乗ってあげてください。

私で宜しければ、いつでも連絡をください。
大歓迎です。
それほど、椎間板ヘルニア患者をほっておけないのです。


あと、今後は、本件に関して私への報告は必要ありません。


相談や愚痴、痛みなどであれば
気軽に電話またはメールで連絡をもらえれば、


出来る範囲で対応させていただきますが、
まずは、報告よりもしっかりと完治を目指して治療に専念をしてください

そして、完治したら、一献やりましょう!


ヘル友・ヘルニアンとして、情報交換の意味も含めて、
是非酒を酌み交わせるように治療をしてください

完治を心よりお祈りしています。


どうぞ、よろしくお願いします。

以上メール引用終わり



いかがですか?


他者への無償の愛や
治療に専念させようとする気遣い

が溢れてるメールだと思いませんか?

愛

私はこのメールを見て本当に感動しました。

もし、完治した暁には、
『良い報告を社長さんへしたい!』
と強烈に思いました。

この強烈な思いが、
次の手術の病院探しのモチベーションになったのです

モチベーション


そして、病院を探して、電話することになり、この体験談の続きにつながります。


その後、手術し、無事に退院してから、念願の社長さんと飲むことができました


ヘルニア手術の3ヶ月後です。
場所は、なんと、ワインの立ち飲み屋です。

ワインの立ち飲み


まともに歩けなかったのに、
今は立ち飲みをしている。


この事実だけで、涙もんでした。

涙

社長さんも私の回復を
とっても喜んでいただけました。

以上が、私の腰痛の恩人との出会いと、
セカンドオピニオンの経験談です。

『社長さん、本当にあの時はありがとうございました!!!』

ありがとう


ちなみに、ヘルニアンとは、ヘルニア仲間と言う意味で、
社長さんがよく使ってた言葉です(笑)

おすすめの記事